FAN サーバのサービス紹介

標準サービス

FAN サーバのシェルアカウントでは以下のサービスが利用できます。

シェルアカウント
Linux サーバのシェルアカウントが利用できます。SSH によるセキュアな接続を提供しています。
メールアカウント
POP メールボックスが1つ使えます。メールアドレスはアカウント名に「@fan.gr.jp」をつけたもの になります(例: account @ fan.gr.jp)。qmail の拡張メールアドレスが利用できます。
メーリングリスト
ezmlm および QuickML サービスを提供しており、ユーザ権限でメーリングリストが運営できます。
ウェブサイト公開
CGI, PHP5 が利用可能なウェブサイトを構築できます。容量制限は特にかけておりませんが、大容量のファイル公開や、Web チャット・箱島ゲームなどサーバに負担を掛けるスクリプトは使えません。

上に戻る

サブドメインの利用

団体会員に限り、domain.fan.gr.jp というサブドメインを設定・運用できます (domain は任意)。

サブドメインの設定・利用方法は次の通りです。

仮想ホストによる設定
FANサーバで仮想ホスト設定を行います。ウェブサイトは http://domain.fan.gr.jp/ という URI になります。また、qmail の拡張アドレス機能により anything@domain.fan.gr.jp というアドレスをいくつでも作成できます (anything は任意)。ただし、POP メールボックスは1つだけですので、複数アドレスのメールは同じメールボックスに届きます。
DNS による別名設定
他に常時ネットワークに IP 接続されたホストがあれば、そのホストに対して DNS の A レコード、MX レコードを設定します。この場合、そのホスト上で自由にシェルアカウント、メールボックス等を作成できます。

上に戻る

インターネット接続について

FAN サーバに接続・利用するには、インターネットへの接続が必要になりますが、FAN サーバでは、PPP などでサーバに直接接続する手段を提供しておりません。インターネットへの接続手段はお客様が各自確保してください。

上に戻る


Copyright © 2005 Frontier Association of Network. All rights reserved.